信頼できる科学的根拠で「食の安全」を担保

設立趣旨

  • HOME »
  • 設立趣旨

国内外の食品偽装などをきっかけに、消費者の「食の安全」に関する意識が大きく変化してまいりました。

食品の生産者や加工・販売する企業の責任として科学的根拠に基づいた「食の安全」を証明することが求められてきています。

「食の安全」に関わる「大学の知」の資源を幅広く活用するために、企業、地場産業、生産者との懸け橋として産官学や社会との連携の窓口としてのリエゾンオフィスを目指します。(リエゾン=フランス語 橋渡しの意味)

学術的な産官学共同事業にも対応しながら、新しい産業や既存の産業の新たな発展を目指して「大学の知」をトータルコーディネートし、技術や研究に関するアドバイス、受託研究、共同研究などに積極的に取り組んで参ります。

PAGETOP
Copyright © JFSラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.